イベント

会員限定 Web・現地参加併用第2回技術委員会オープンセミナー(CTF競技) CTF(Capture The Flag)

今回は、昨年も参加者の皆様に好評を博しましたCTF(Capture The Flag)を開催致します。Capture The Flagとは、様々なIT技術を駆使して、セキュリティ関連の問題を解く競技会イベントです。現実の世界で発見されたサイバー攻撃への対処を学ぶ教育手法として、また、技術スキルの向上を目指し様々なところで企画されています、最高峰では、「ハッカーコンテスト」として世界大会が開催されています。本セミナーでは、競技会の体験を味わえるだけでなく、セキュリティ問題の解説も行います。皆様のご参加をお待ちしております。
またWeb上での見学も可能となっております。本案内最下段に申込窓口がございますので、ぜひ見学も検討ください。

日  時 2021年12月14日(火) 18時30分〜20時30分(競技&解説)

場  所 AP横浜駅西口 4階 D会議室(大会本部として使用)
※ZOOMで実施します。
※オンライン参加が不可となる数グループ程度ですが、現地参加も可能です。
概  要 いろいろなプロジェクトに参加すると、そこでたくさんの人達と出会い・知り合い、今の自分に出来る事や、まだまだ足らない事等が多くあることを知ります。
 「もっとITの知識や技術も高くしないとダメだろう!」という意識が芽生えても、なかなか一人ではその気持ちを維持するのは難しいことです。
今回は、CTF for ビギナーズと題し、チーム対抗の競技会を通じて、システムを守るセキュリティの基礎レベルを仲間と共に学びます。

※Capture The Flagとは
キャプチャー・ザ・フラッグ(以下CTF)は、コンピュータセキュリティ技術の競技。CTFは通常、参加者に対しコンピュータを守る経験に加え、現実の世界で発見されたサイバー攻撃への対処を学ぶ教育手法として企画され、技術者のパケット分析、プロトコル解析、システム管理、プログラミング、暗号解読などの知識や技能が試される。

講  師 株式会社アルファ・ウェーブ Chief Engineer 柴山 芳則 氏  
社外の様々なコミュニティやイベントに参加。「社内で、CTFのイベントをやってみよう!」という思いつきの一言で、第一回を開催してから、2017年度シーズンでは計6回を実施。
"誰でも必ず解ける”でも”絶対解かせたくない"という無理難題な視点で問題を作りこみながら、全社員の約1/3もが参加する社内CTFを主催。

参 加 費 無料

定  員 15チーム(3名/チーム) 個人での参加も可(事務局で組み合わさせて頂きます)
※先着順で受付、締切り後に余裕があれば参加調整します。


参加環境 ※各チームは各々の会社や自宅等でPCを1台ご用意いただきます。
(Chrome or Firefoxがインストール済マシン)
・インターネット環境へ接続出来る事
・Zoomミーティングに参加出来る事
 (Zoomクライアントアプリは最新版にアップデートしてください)
・AWSのWindowsにリモートデスクトップで接続して実施出来る事
※Windowsの場合は、標準でmstsc.exeがインストールされていますが、Macの場合には、Windowsにリモートデスクトップ接続できるソフトをインストールしてください。



お申込み(競技参加) 競技参加希望の際は、神情協ホームページからお申込みください。なお、技術委員会メンバーはこちらのアドレスからは登録しないようにお願い致します。申込の締め切りは12月1日を予定しております。
(同日技術委員会がございますので、そちらで見学者を募集します)
一般会員の方の見学については、最下段に登録Webアドレスがございます。
【競技参加用申し込み窓口】
https://www.kia.or.jp/event/6798/book_form.php

【見学者用申し込み窓口】
https://www.kia.or.jp/event/6869/book_form.php

お申込みで入力いただきました情報は事務局・運営WGで厳重に管理し、本イベントの運営ならびに次回以後の技術委員会イベントのご案内に使用させていただきます。