教育研修講座

一般OK WEB研修なぜなぜ分析実践講座 【ヒューマンエラーを根絶し、業務品質向上のためのノウハウ】

 下記の通り「なぜなぜ分析実践講座【ヒューマンエラーを根絶し、業務品質向上のためのノウハウ】」の受講者を募集します。
 本講座では、成果物(各種ドキュメントやシステム)や業務の品質を高めるための分析方法の習得に力点を置いています。重要なポイントは「ヒューマンエラーの再発防止」をどのように行うかです。現場担当者による直感や経験のみによる応急的処置ではエラー防止に役立ちません。行き当たりばったりのパッチワーク的対応ではなく、再発防止を視野に入れた分析方法について演習を通じて習得します。
 また、「演習の進め方」事例を使った演習をチームごとに行います。演習後、お互いチーム同士で質問や意見を交換し、なぜなぜ分析としての評価を行い、講師が考え方の例を講義します。是非、社内教育にご活用下さい。
 受講をご希望の方は9月1日(水)までに、神情協事務局宛にお申込み下さい。

分  類 マネジメント,ヒューマンスキル
レ ベ ル 初級中級
日  時 9月16日(木) 9時30分〜17時30分
受講方法 ZoomによるWEB研修となります。
対 象 者 1)システム設計・開発の担当者
2)プロジェクトリーダ、プロジェクトマネージャ
目  的 事故対応策や再発防止策として,抜け漏れや論理的飛躍・矛盾が無い対応策を検討できるスキルの修得を目的としています。
身につくコンセプチュアルスキル 1)ロジカルシンキング(論理的思考)
2)ラテラルシンキング(水平思考)
3)クリティカルシンキング(批判的思考)
4)多面的視野
5)洞察力
6)俯瞰力
内  容 1)なぜなぜ分析とは何か、どのように展開すべきか
 ・ヒューマンエラー分析の際の失敗例
 ・原因追究のポイント
    課題摘出と事象の表現のポイント
    分析対象の把握と理解のポイント
 ・なぜなぜ分析のための展開ポイント
    論理的に・漏れなく・狙い通りに展開するポイント
    展開された「なぜ」の検証と対策の展開のポイント
 ・なぜなぜ分析の具体的な進め方(進め方の実例を紹介)
2)なぜなぜ分析演習1(事例)
 ・グループ演習 
3)発表と相互評価・講義
 ・各チームが発表。自チームが担当してない事例に対し、評価する
    講師からの講評と当該事例の考え方の講義
4)なぜなぜ分析演習2
 ・グループ演習
5)発表と相互評価・講義
 ・各チームが発表。自チームが担当してない事例に対し、評価する
 ・講師からの講評と当該事例の考え方の講義
6)まとめ
受 講 料 神情協会員  27,000円/名(税込み)
健保加入企業 31,000円/名(税込み)
一般企業   35,000円/名(税込み)
※健保加入企業とは「神奈川県情報サービス産業健康保険組合」に加入されている企業です。
※後日、請求書を発送いたしますので、指定口座にお振込み下さい。
※申し込み締め切り後のキャンセルは、キャンセル料として受講料を全額ご負担いただくこととなりますので、
 予めご了承下さい。なお、代理出席は可能です。
※本講座は「KIA-eチケット」の対象です。
定  員 20名(最少開講人数4名)
講  師 加藤 大介 氏 株式会社アイテック所属講師
講師紹介 1987年 通信社勤務 
1990年 独立系システム開発会社勤務
1998年 金融系システム開発会社勤務
現在 アイテックIT人材教育研究部講師
元新聞記者のスキルを活かして、ヒアリング方法、要求まとめ方、ドキュメントの作成など、研修のコンテンツには、それが随所に盛り込まれています。
また、実際に開発経験者(現在も現役)としての自らの経験値なども含まれており、実践的な指導に定評があります。
更に、ヒューマン系の教育なども経験があるため、「顧客志向」の柱は揺るがない講座の展開が出来る講師です。特にドキュメント系は、派手な見栄えのものでなく、「きちんと相手に伝わる」シンプルな作成テクニックをモットーとしており、若手教育は得意としています。著書に「高度専門 システム開発技術」(アイテック)
ご 注 意 ・万一、受講者が少なく開講できない場合は、お申し込み締め切り日後にメールにてお知らせ致しますので
 ご確認下さい。
・開講できる場合は、お申し込み締め切り日後に、「受講のご案内」をメール致します。
事前準備 本講座は、Zoomを利用した講座となります。各企業様またはご自宅からパソコンでの受講となりますので、通信環境のご用意や通信料などはご負担頂く必要がございます。予めご了承ください。
なお、下記の環境がご用意できない場合は、一度、事務局までご相談ください。
【使用ツール】
 ・Zoomを使用致します。事前のインストールが必要です。
 ・受講前に接続テストをお願いします(開講決定後にご案内します)
【環境】
 ・安定した受講環境を確保するために、パソコン(スマートフォンやタブレットではなく)で受講してください。
 ・安定した通信容量のネット環境でのご受講をお願します。Wi-fi環境よりは有線環境を推奨します。
 ・Wi-Fiの場合は、できるだけ通信環境の良い場所でご受講ください。
【パソコン】
 ・カメラ、マイク、スピーカー付きのものを一人一台ご用意ください。なお、カメラがなくても受講いただける
  講座も一部ございますが、原則、ご用意くださいますようお願いいたします。
 ・Windows 10、Windows 8または8.1、MacOS 10.9以降を搭載のMac OS X
【モバイルデバイス】
 ・推奨いたしません
そ の 他 本講座は、1月27日(木)にも開講を予定しております。
申し込み 受講希望の際は、9月1日(水)までに下記のアドレスからご登録ください。
https://www.kia.or.jp/event/6652/book_form.php
 
★神情協会員の方は、登録画面の「申込内容」欄の記入は不要です。
★神情協会員外の方は、「申込内容」欄の記載をお願いします。
  ・神奈川県情報サービス産業健康保険組合の加入の有無
  ・会社住所、会社電話番号
個人情報 お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として本講座の参加者の把握以外の目的に使用することはありません。