イベント

第3回技術委員会オープンセミナー ホワイトハッカーに学ぶ!不可避の攻撃に備える、最近の事故事例から学ぶセキュリティ対策の方法

下記の通り、第3回技術委員会オープンセミナーを開催いたします。
 今回は、東京都情報産業協会様(略称: IIT)のご後援により、「ホワイトハッカーに学ぶ!不可避の攻撃に備える、最近の事故事例から学ぶセキュリティ対策の方法」をテーマに、株式会社レオンテクノロジー 代表取締役社長 守井 浩司様にご講演頂きます。
 本セミナーは、去る10月29日(月)開催されました神情協経営戦略フォーラム(サイバーセキュリティセミナー)のテーマである「サイバー犯罪・サイバー攻撃の現状等について〜中小企業でも必要な対策等について〜」に関連した実務担当者向けのセキュリティセミナーとなります。各社のセキュリティ対策をより強固ものにして頂けますようご案内申し上げます。
 なお、参加希望の際は、11月21日(水)までに、事務局までお申し込み下さい。多数のご参加をお待ちしております。

日  時 12月11日(火) 16時00分〜17時30分(Q&A含む)
会  場 AP横浜西口会議室 6階 I(アイ)会議室
横浜市西区北幸2-6-1 横浜APビル4F TEL 045-411-5109
※いつもの利用階は4階ですが、今回は6階になります。
https://www.tc-forum.co.jp/kanto-area/ap-yokohamaeki/yo-base/
テ ー マ ホワイトハッカーに学ぶ!不可避の攻撃に備える、最近の事故事例から学ぶセキュリティ対策の方法
概  要 「すべてのモノがインターネットにつながる」Internet of Things(以下IoT)は、自動車、家電製品、医療機器、防衛装備品、航空宇宙関連機器などの組み込み機器から、工場やプラントなどの設備まで、これまではインターネットと無縁だと思われていた機器や設備も、インターネットに接続されます。
ネットワークに接続された機器は、外部からのサイバー攻撃の対象になるリスクを保有しています。このようにIoTの普及あり、今後もサイバー攻撃は増加していくものと予想されます。以下の内容を中心にご紹介させていただきます。
1)最新の事故事例からわかった攻撃手口とその対策方法について
2)事業所、端末、運用するサーバに対するセキュリティ対策方法
3)デモハッキング、ほか
講  師 守井 浩司 氏 株式会社レオンテクノロジー 代表取締役社長 
講師略歴 1981年生まれ。株式会社レオンテクノロジー2005年3月設立。
各種サイバーセキュリティ事業を展開。自身もセキュリティインシデントの最前線にて対応を続ける傍ら、ホワイトハッカー育成や各種取材や講演活動を通じて、セキュリティに関する啓蒙活動に注力中。
参 加 費 無料
定  員 20名
※先着順で受付、締切り後に余裕があれば参加調整しますので、キャンセル待ちで申込み下さい。
 キャンセル待ちの方には、後日可否をご連絡致します。
お申込み 参加希望の際は、11月21日(水)までに下記のアドレスからお申込みください。
なお、技術委員会メンバーはこちらのアドレスからは登録しないようにお願い致します。
https://www.kia.or.jp/event/5834/book_form.php
個人情報 お申し込みの際の個人情報は、事務局において厳重に管理し、原則として参加者の把握以外の目的に使用することはありません。